You are currently viewing 気づきました?ビール安くなってんで🍺

気づきました?ビール安くなってんで🍺

🎵~

珍しくご機嫌じゃん。何かあったの?

いやさ~ビールが安くなったなぁと実感が沸いてきてね。こりゃ帰ってからビール🍺と焼き鳥🍗だ~!

( ゚Д゚;)

みなさんお気づきでしょうか。

2020年10月より酒税法が改訂され、ビール好きにとっては嬉しい改訂となります。一方、第三のビールを愛飲されている方には残念ながら増税のお知らせとなってしまいます。

この前スーパーマーケットで買い物をしていて、安くなったねぇと妻と会話しながら、投資のトリビアで触れていないことに気づきました!

投資のトリビアの大事なネタ。鶏🐓ビール🍺

酒税法改定に物申す!

酒税法改定の背景ですが、

類似する酒類間の税率格差が商品開発や販売数量に影響を与えている状況を改め、酒類間の税負担の公平性を回復する等の観点から、ビール系飲料や醸造酒類の税率格差の解消など、酒税改革に取り組みます。

財務相HPよりhttps://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei17/03.htm

要はですね。

発泡酒や第三のビールを作って、少しでも安く、美味しいビールを国民に配ろうとする企業努力を無為に返す試みなのです!🤬

これには研究者としてホーク🦅は怒り・悲しみました。国家は暴力装置です。税金は収奪です。

そりゃね。ビールと発泡酒と第三のビール(新ジャンル)があるのはややこしいですよ。しかし、少しでも安く喜んでもらおうと提供する努力を踏みにじっていてはこの国の研究開発自体が育っていきませんよ?

酒税法改定の内容

ビール系の飲料の定義見直しが図られています。ビールユーザーは嬉しいものの、全体としては、やや底上げ感がありますね。

税金の変動は下記のグラフのように段階的に変動していくようです。

ビールについては350mL換算で77円かかっていた税金が、2020年には7円低下。最終的には2026年には54.25円まで下がるので350mL缶で20円強下がることになりますね。

平成30年度における酒類の品目ごとの課税数量と課税額の内訳

政府の税収についても細かく見てしまいました。平成30年の課税額をベースに、売り上げについての内訳が変化ないと計算すると、変化のあった青枠と赤枠を合算した税収に関しては約9500億円→8800億円くらいに下がる計算になります。

まぁビールと第三のビールが同じ値段なら第三のビールを選ぶ方は少ないと思うのであまり当てになりませんが、めちゃくちゃしてきやがったな!!という感じではありませんでしたね。

ビールは苦い。それは人生の苦み

サッポロより、幻のエーデルピルス!

サッポロのエーデルピルスという商品があるのですが、苦いんですが美味しいんです。なんかわかりませんが、ビールって社会に出て働きだす(バイト含む)と美味しく感じませんでしたか?

ビールが苦くなくなったら、ひよこ卒業ですかね😉

パワハラだぞ

アルハラとも言う…

ホーク🦅はどこ行ってもビール飲んでます。現地のビールが好きです。地産地消ですよね笑

ドイツの赤ビールという昔ながらの製法で作られたビールが結構美味しくて好きでした。写真は「アルトシュタットホフ」という店です。

ぜひドイツに行かれる際はホーク🦅に一声かけてくださいませ(ドイツの友人にオススメを聞きます)。

Trivia Hawk

鶏🐓とビール🍺を愛する投資家サラリーマン。 資本主義を知りすぎて菜園まで始めてしまった。

コメントを残す