You are currently viewing 株式投資を始める

株式投資を始める

初心者向けの株式投資の始め方をまとめました。株式投資は、短期間目線での投資と中長期目線での投資で考え方・取り組み方が異なります。それぞれのメリット、デメリットを整理しつつ、どのような投資手法を使えばよいかを解説していきたいと思います。

口座を開設する

まず、株式を購入する講座を開設する必要があります。最近では様々なアプリやツールを使える証券会社が増えてきていますが、基本的には各々の使いやすいものを選んでいけばよいと思います。

投資計画を立てる

口座の開設が終わったら、いよいよ投資を始めることができます。が、その前に、どのような計画で投資を行っていくか考えてみましょう。

分析をする

株式投資の分析では、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を駆使して銘柄選定とタイミングを計っていきます。

それぞれの分析手法には向き不向きなどがあるので、幅広い知識を身に着けていきましょう。

テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析

短期間で大きな利益を狙う

短期投資では、リスクを負いつつ、大きな利益を狙う手法を考えていきます。主にテクニカル分析や需要と供給を判断材料として投資を行っていきます。

売買ルールを定める

初心者の方は、なにをどう買ったら良いか。いつ売ったらいいかが明確になっていないと思います。自分の売買ルールを構築することは、長く安定して利益を上げるために必須です。しかし、全員に共通するルールは存在しないため、ホーク🦅の手法を例にして、ご自身でブラッシュアップしていただければと思います。

 

共に歩む銘柄を選ぶ

長期投資では、会社を良く分析して、半年~数年単位で株式を持ち続けます。優良な会社を選ぶことができれば、会社の規模は大きくなり、安定して配当金を受け取ることもできます。一方、長期視点では企業の倒産リスクもあるため、会社の経営や財務の状況についての知識も必要になってきます。

ちなみに、個別の銘柄を長期投資する自信がない方については、ETFという日経平均や米国株のS&P500といった指数と連動する投資信託を購入するという手もあります。

初心者の方にもおすすめなので、長期投資の初めの一歩としてはオススメです。

ちなみに、NISAを使って税金控除も考えながら運用するのが最高です!

 

配当・株主優待

初心者の方は、株主優待などで、自分へのプレゼントを作ってみるのはいかがでしょうか。株主優待を出している企業の多くは安定企業であるため、株価の大幅な変動リスクや倒産リスクも一般的には小さいため、余剰資金での運用には適しているとも言えます。

 

適切なポートフォリオを組む

2020年には株価の暴落がありました。こういった場合に集中的に投資を行っていると一時的にたいへんな損失を抱えることになります。自らの投資額に合わせた適切なリスク管理を行うことで、上手に投資と付き合っていくようにしましょう。

 

Trivia Hawk

鶏🐓とビール🍺を愛する投資家サラリーマン。 資本主義を知りすぎて菜園まで始めてしまった。

コメントを残す