You are currently viewing リスク・リワードとプロスペクト理論

リスク・リワードとプロスペクト理論

よ~し小さいけど利益がでたぞ(コツコツ)

うわ~大損失だ!(ドカーン)

完全に経済行動学の罠にハマっているね…

みなさんはリスク・リワードという言葉を聞いたことがあるでしょうか?文字通り、リスクとは損失、リワードとは利益のことですが、投資をするにあたって、リスクとリワードの関係がどのようになっているのか事前によく考えることが重要になってきます。

理想のリスク・リワード

理想のリスク・リワードは、損失は限定的で、利益は無限大というものが望ましいですが、こういったものはほとんどなく、むしろ誇大広告であったり詐欺であったりすることが多いです。

FXに興味のある方は一度は見たことがあると思いますが、あらかじめプログラミングされた手法で機械が自動的に売買を繰り返して、ほったらかし投資をするだけで資金が増える!なんていう自動売買の広告が多く挙げられています。

あれは自動売買で儲かる方法を世界に発信したいのではなくて、自動売買のプログラムを売って稼いでいるだけですので誤解のなきよう。

ネットで探すとすごい数の自動売買の記事があるから儲かってるんだと思ったのに…

自動売買に関しては、過去のチャートの検証をメインにする手法なんだけど、未来のことはわからないからリスクが限定的であるという保証はないんだよね

相場の本質については、下記の記事に書いてありますのでご興味のある方は見てみてください。

投資をするにあたっては何らかのリスクを背負い、ターゲットのリワードがどの程度であるのか明確に計算してから資金を投入するということが必要です。じゃあ、どのくらいのリスク・リワードを狙うべきなのでしょうか?

リスク・リワード=1/2

リスクとリワードの比については、リワードの方がリスクに比べて約2倍ある方が望ましいです。

何も考えずに投資を行った場合、価格が上がる確率と価格が下がる確率は50%ずつです。つまり、価格の変動幅が同じであればリスクリワードレシオは1です。売買回数を重ねても資金は増えないし減らないような比になります。

一方で、現実の世界では、初心者の9割が損失を出し2年以内に投資を辞めるという風に言われています。

この理由については2点ありまして、

  • 手数料を取られる
  • プロスペクト理論のために利益が小さく、損失が大きくなる

ということが挙げられます。

手数料はイメージできますね。証券会社も慈善活動ではありませんので、取引をするたびに一定額の手数料を証券会社に払うことになっています。リスクリワードが1であれば、この手数料分の損失が残るわけです。

とはいえ、手数料は微々たるもので、2つ目のプロスペクト理論の方が厄介な問題になります。

プロスペクト理論?

ノーベル経済学賞も受賞しているプロスペクト理論とは、行動経済学で研究された、不確実な状況における意思決定の偏りを表した理論です。特に投資をされる方にとってはリスク・リワードにかなり影響が出るため、よく知っておいて欲しい行動経済学の一つです。

例えば、ホーク🦅とこんなゲームをしてみましょう。

【ゲーム①】
選択肢A:無条件で10万円が手に入る
選択肢B:コインを投げて、表が出たら20万円、裏が出たら0円が手に入る

【ゲーム②】
選択肢A:無条件で10万円支払う
選択肢B:コインを投げて、表が出たら0円、裏が出たら20万円支払う

みなさんはゲーム①と②でどちらの選択肢を選ばれるでしょうか。少し悩んでみてください。

ゲーム①では確実にお金が欲しいからAを選んで、ゲーム②ではワンチャン払わなくていいBの方がいいなぁ

このひよこの独り言がまさにプロスペクト理論を表しています。

しっかり計算をすると、ゲーム①でもゲーム②でも選択肢AとBの期待値は同じです。期待値とは確率×金額で表される見込みの金額で、選択肢Bでは、20万円×50%で期待値10万円で、選択肢Aの10万円と同じということになります。

しかし、多くの人間は利益が得られるゲーム①ではAを選び、損失が出るゲーム②ではBを選びます。つまり、利益に関しては手に入らないというリスクを回避し、損失に関しては損失そのものを避けようとする性質を持つということです。

これがプロスペクト理論です。

プロスペクト理論を克服する

人間の本能とも言っても良いプロスペクト理論を克服しないことには、投資の世界で生き残ることはできません。

少し利益が出たら確定をして、損失が出たら±0になるまで塩漬け、なんて話はよく聞きますが、これではプロスペクト理論に従ったトレードで、リスクリワード比が1どころか1未満になることが多く、長期的に見れば資産が減っていくことが予想されます。

前述したリスクリワード比が2というのは、プロスペクト理論を超えるための比を表しています。

直感で動くと人間の本能であるプロスペクト理論の罠にハマっていくため、投資を行うにあたっては、知識・理論武装や事前の計画立てが大切です。本サイトで様々な知識を吸収して、より良い投資を目指してください。

Trivia Hawk

鶏🐓とビール🍺を愛する投資家サラリーマン。 資本主義を知りすぎて菜園まで始めてしまった。

コメントを残す