You are currently viewing 初心者のための、チャートの読み方

初心者のための、チャートの読み方

あのウネウネしたチャートは見方がよくわからないよ~

チャートは長~くお付き合いすることになるからよく勉強しておいたほうがいいね

こんばんわ、ホーク🦅です。

チャート📈を読む

チャートを読まずして資産運用のための投資をすることはできません。なぜなら、株式や通貨、コモディティなどすべての商品は日々値段が変動しているからです。その変動を捉えることによって利益を上げることが主たる投資の目的です。

じゃあ、チャートの見方がわかるようになれば、儲かるんだ~!

チャートがすべてではないけど、1つの方法ではあるね

とはいえ、初心者の方はチャートをぼんやりみてもなにがなんだかわからないと思います。ホーク🦅も最初はよくわからずにらめっこしていました。ただ、長期間チャートと向き合ってくると、「チャートってカタチを作ることで私たちに表現をしているんだ!」と思ってきました。

チャートは何でできている?ローソク?🕯

チャートと言うのはローソクで構成されます。ローソクというのは下の図のような意味を持ちます。

ローソクはある時間の範囲の中の値動きを表現しており、起点、終点、高値、安値が表されます。ローソクを見ると、右の太線のようなカーブに動いたんだなぁと想像ができます。1本の棒に情報がつまっていますね。色については各ツールや設定などで変更できますが、陽線=上がった、陰線=下がったと覚えておけば良いです。ローソクは日本人が発明したようですがすごいですよね!

さて、このようなローソクの集まりによってチャートが作られていきますが、ローソクの組み合わせによって私たちに語りかけてきます。

コロナショック前の相場

コロナショックの大暴落の前には「ヘッドアンドショルダー」と言われる典型的な下げるぞ~!というパターンが形成されていました。これを見て、チャートが読める投資家たちが一斉に売りに出してしまったことがコロナショックの初動だったわけです。

チャートは第三外国語👩‍🦳🧔

細かな波が何を表しているのか、についてはまた後日記載したいと思いますが、例えば初めて聞いた外国語だと「なにいってんだ~😫」という感じですが、勉強をしていくにつれて、単語がわかるようになり、簡単な単語の組み合わせがわかるようになり、ゆくゆくはある程度の文章の意味がわかり、コミュニケーションができるようになります。

チャートについても同様で、最初はなんのこっちゃーな状態ですが、経験を重ねていくことで、「上がるよ~って言ってそうだな」とか、「こんな感じになったら下げるって意味になりそうだからヤバいな」みたいに感触がわかるようになってきます。英語ですんげー早口でしゃべっているネイティブが何を言っているのかはわからないけど、なんとなくの意味が分かる、みたいな感じです(笑)

みなさん、英語は得意でしょうか?苦手でしょうか?私たちは小中学生くらいから長年英語を勉強してある程度はわかるようになっていますが、チャートの勉強はどのくらいの期間をしたでしょうか?英語は1日30分勉強~なんて言いますが、チャートも同じことなのだとホーク🦅は思っています。投資に勝つ前に自分にコツコツと投資が必要ですね。

投資で勝ち抜くためにはチャートをたくさん読みましょう!

Trivia Hawk

鶏🐓とビール🍺を愛する投資家サラリーマン。 資本主義を知りすぎて菜園まで始めてしまった。

コメントを残す