You are currently viewing 大統領選の結末は赤か青か。否、すべてはグレーである

大統領選の結末は赤か青か。否、すべてはグレーである

トランプ大統領が勝つのかなぁ?!バイデン副大統領が勝つのかなぁ?!

第三の選択肢というのもあるよ😤

2020年11月3日、アメリカでは4年に一度の大イベント「大統領選」が行われています。

アメリカ国民だけでなく、日本人や投資家にも影響のある選挙であるため、ニュースやツイッターでは多くの情報があふれています。

投資家心理としても右往左往してしまいそうなソワソワ感を感じています。しかし、そんなソワソワに心が惑わされて、あっちへフラフラこっちへフラフラしていると痛い目を見ますよ。

今日はそんな話をしてみようかと思います。

大統領選ではバイデンが勝つ?株価は上がる!?

10月後半は、アメリカ大統領選に向けてのポジション整理などで株式市場は大きく下落してきました。欧米ではコロナウイルスの再拡大の報道も多く、ロックダウン懸念で売られ、選挙戦警戒モードで機関も個人も買いポジションを持つことが少なく、特に新興市場では売り優勢の状態になっていました。

そこから一転、週明け11月2日にはアメリカ市場が大きく反転し、バイデン優勢を織り込んで買いの力が強まったとマーケットの動向では書かれています。

一方、11月4日にはトランプが優勢になったことで、バイデン政策の影響を受けたGAFAMなどの大手IT企業が買い戻しも起きたと記事がありました。

ホーク🦅も初心者のうちは「へぇ~さすが○○の記事はそんなこと書いてあるんだなぁ🤔」なんて思ってました。

みなさんもそう思われますか?

本当にそうでしょうか?

後乗せサクサク、ファンダ記事

こういった記事の成否については、正確なところは誰にもわからないです。市場動向を記載しているような記事は、もっともらしいことをもっともらしく書いているだけで、その日に売り買いをした人に聞いて調査をしているわけではありません。

今日はこんな日だったからこんな理由で売ったんじゃないかな??

相場全体を理解されているのはすごいことですが、後乗せサクサクで書いているだけなのです。

惑わされるなかれ

青色が党のカラーである民主党が勝つのか?

赤色が党のカラーである共和党が勝つのか?

選挙の行方は誰にもわかりません。しかし、民主党だろうが共和党だろうが、私たち個人投資家が取り組むべきことは1つしかありません。

トレンドに乗る

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1323534663453913093?s=20
トランプさんお茶目😋

バイデンが勝とうが、トランプが勝とうが我々が取るべき行動はひとつ。

トレンドに乗ること

ホーク🦅が今回改めて感じたことは、

相場の上昇・下落は機関が作っていて、個人投資家はそこに乗っかるか、反抗して叩きのめされるか

の大原則なんだなぁと感じました。

10月はもともと下がりそうな気配だったのです。そこで下がって狼狽売りをしようものなら機関投資家の思うツボで、今度は上昇したから買ってまた落とされる。。。その繰り返しをしていくとドンドン損失が増えていきます。

逆張りをしましょうと言っているのではなくて、自分の中で確固たる意志を確立して、トレードのシナリオ立てが必要だなと改めて感じました。

自らの行動に理屈をつける

自分はなぜ買うのか

自分はなぜ売るのか

この行動を理屈をもって説明ができるようになると投資が上手く回りだすようになると思います。

投資だけでなく仕事も同様だと思います。「なぜ事業を推進するのか。なぜ事業を撤退するのか。」これが説明できない経営者はいませんが、平社員の方は説明できない方が多いかもしれません。

理屈をもって説明ができないのであれば、それは考える量や取り込んだ情報量が少なく判断できていないか、そもそも猪突猛進的に進んでいるかです。

後者のような勢いも時には必要ですが、やはり下落相場やボラティリティの高い相場を生き抜こうとしたときには自信がなくなってしまうのではと思います。

では、どうしたら、自分の行動に理屈をつけることができるでしょうか?

物事は常にグレー。それでも自分は白

世の中のあらゆることは、一つの側面だけでなく、複数の事象を抱えています。

意外と喜ぶ税金を上げる

税金を上げると聞くと嬉しく思う人はいないと思いますが、累進課税の度合いを強くすると、国民感情が幸せな方向に行くという調査結果もあります。お金持ちから税金を取り上げている気分になるのでしょうか。

税金を上げて喜ぶ人と悲しむ人。どちらもいますよね。よって、白か黒では表すことができません。

賃貸か持ち家か

これもよく論戦になる話題ですね。賃貸の方が自由度が高いとか、持ち家の方が家の性能が上とか。

ただ、価値観によっても左右されますし、メリット・デメリットをどれだけ上げても結論は出ません。

じゃあ、グレーでいいんだ

こういったことはそもそも白黒はっきりさせることになんの意味もありません。自分の意見を押し付けることもまったく価値はありません。

グレーなんだと割り切ってしまえばいいんです。そうすれば、反対のことを言っている人たちのことを非難する必要もありません。

どうも最近、短絡的に物事を白黒はっきりさせようとして対立を煽る傾向が強まってきたなと思っています。

自分の意見を持つことはとても大切です。自分は白です!と理屈をもって言えるだけの理論武装は必要です。

ですが、物事の本質はグレーであり、「絶対的に」白ではなく、「自分のポジションは」白であることに気付くべきかなと思います。

そうしないと、勝手に自分が絶対的だと妄信したものに手痛い仕打ちを受けることになります。

投資も同様

株式投資でも同じことなので、絶対は存在しないという気持ちは必要で、しっかりと自分で理屈・シナリオを構築して、時に柔軟に受け入れて対応していくことが大切だと思います。

Trivia Hawk

鶏🐓とビール🍺を愛する投資家サラリーマン。 資本主義を知りすぎて菜園まで始めてしまった。

コメントを残す