You are currently viewing 中央銀行と仲良し❤

中央銀行と仲良し❤

写真はBoombergより引用

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-16/QGRJFDT1UM1001?srnd=cojp-v2

最近よくこのおじさまを見るよね

世界の中央銀行の総裁は覚えておいた方が役にたつかもしれないね


昨日はFRB(連邦準備制度理事会、Federal Reserve Board)の声明で、ゼロ金利に近い状態を2023年まで維持するとの示唆されました。これを受けてダウ平均は上昇していましたが、終盤は利益確定の売りに押されて下落で終わりました。🚫

ところで、みなさんは各国の中央銀行がどのような政策を打ち出しているのかご存じでしょうか?彼らの政策によって、私たちの生活に大きな影響を与えることが多々あります。

中央銀行って、なに?

日本で言えば、日銀(日本銀行)、アメリカで言えば上記のFRB(連邦準備制度理事会)、EU諸国で言えばECB(欧州中央銀行、European Central Bank)が中央銀行にあたります。中央銀行の役目は3つあり、お金の発行(発券銀行)、市中(要はメガバンクなど)の銀行とのお金の貸し借り(銀行の銀行)、政府の資金を管理(政府の銀行)です。各国によって異なりますが、日銀やECBは物価の安定および約2%のインフレ目標の実現を責務としています。FRBに関しては、上記に加えて、雇用の最大化も加わります。

具体的には、政策金利の策定や市場に流通しているお金の量をコントロールすることで過度なインフレの制御を試みたり、デフレにならないように経済を刺激したりしています。現状は新型ウイルスの影響で一時的に雇用の減少や経済の停滞を招いたため、お金をジャブジャブ流して景気を刺激しているような状態になります。

議長とお近づきになりたい🎁

 FRBのパウエル議長
2020年3月3日撮影(ロイター/Kevin Lamarque)
ECBのラガルド専務理事
(2015年 ロイター/Guadalupe Pardo)

みなさま威厳のある感じで…

近づきがたい…

さて、株やFXに投資するためには彼らの動向というのも気をつけておいて損はないでしょう。中央銀行のメンバーは、つねに「マーケットと対話」しながら政策等を決定、実行していきます。マーケットとのコミュニケーションのプロなのです。

今回のFRBのFOMC(米連邦公開市場委員会、Federal Open Market Committee)では、現状のアメリカの雇用の最大化と年率2%のインフレ目標の達成のために長期的に緩和的な姿勢を継続するというものでした。つまり、世界の準備通貨であるドルをジャブジャブし続けることを明言しました。そう考えると、必ずとは言えませんが、教科書的には円高ドル安傾向になりますし、金の価値は上がる傾向に動きます。日経平均株価にとっては円高が悪影響になる可能性があります。ダウ平均株価にとっては緩和的な効果で上昇が見込まれるのか?アメリカは実は輸入大国なのでドル高の方が景気的にはメリットがあるので、ドル安が株価に悪影響になるのか?

まだまだ何が起こるのかわかりませんが、柔軟にシナリオを立てて動いていきたいと思います。

Trivia Hawk

鶏🐓とビール🍺を愛する投資家サラリーマン。 資本主義を知りすぎて菜園まで始めてしまった。

コメントを残す