You are currently viewing 健康と残農薬の規制について

健康と残農薬の規制について

おや、美味しそうなアオムシが…!

ひよこ的にはいいんだけどね…(-ω-;)

今年は、リーフレタス、ほうれん草、にんじん、春菊、白菜を家庭菜園で育てているのですが、どうもほうれん草の一区画に虫さんが舞い降りたようでベビーリーフ的なほうれん草の葉が食べられていました。

コンクリートジャングルにも舞い降りる🦋

虫さんが苦手な方はご注意を

 

ほうれん草の葉っぱの柔らかいところを丸い穴をあけて食べてますね。ほうれん草の区画に4~5匹いらっしゃったので駆除しました。

子供が最近虫も好きなので虫かごに入れて観察させてみると割と反応が良く、家庭菜園の副産物として活用することにしました。果たして、なんの虫かは知りませんが。。。(たぶん、蛾…?)

ここ十数年アオムシなんぞ縁がなかったですが、やはり無農薬で栽培をしているとこういうこともあるんですね。

昔は、野菜を買ってきてキャベツや白菜を調理していると母親の「キャー😱」なんて悲鳴が聞こえてきましたが、ここ最近はそんなこともめっきりなくなりましたね。虫がつかない安心な野菜になったのでしょうか?

本当に安心?🙄

ネオニコチノイド系農薬?🧪

私たちの健康を考えるとき、食べ物に関連する政府や国際団体の取り決めというのは無視できません。しかしながら、そのような政府の取り決めを疑問視したくなる内容のひとつに、日本の2015年のネオニコチノイド系農薬の緩和があります。

ネオニコチノイド…?

タバコのニコチンに似た化学構造の薬品で、1990年代から世界でよく使われていた農薬の名前なんだ

ネオニコチノイド系農薬を使用するメリットとして、殺虫剤としての効果の持続性が高いため、農薬散布回数を減らせるということで、農薬コスト・作業コストが減らせることが挙げられました。日本では農業だけでなく、害虫駆除剤やペット関連の商品も多く出ています。

しかし、世界各国でミツバチや赤とんぼの数が減少する要因としてネオニコチノイド系農薬が指摘され、2013年にはEUでの使用が禁止されました(EUは5種中3種禁止、フランスはすべて禁止)。妊婦や胎児への影響もあると言われており、真実であればすぐにでも対処をする必要があるものだと認識しています。

対して、日本では2015年にネオニコチノイド系農薬の食品残留分の引き上げを行いました。

なぜ?

真実はホーク🦅には知る由もないですが、一説には日本の化学メーカーにてネオニコチノイド系農薬の販売をしている会社があり、欧州での規制の対処としてそのメーカーへの配慮と言われています。化学メーカーの利益のために日本全体の健康を犠牲にするなんておかしいですよね。

また、そのメーカーに関して、ネオニコチノイド系農薬の販売の是非について問われたところ、ミツバチへの影響は不明だと主張しているようです。

影響が出ていること確信を得てから止めてたんじゃ取り返しのつかないことになります。実際、イギリスのランカスター大学からミツバチへの影響があるという発表が、科学界で最も有名な論文誌の一つであるScienceから出ています。

Science : Country-specific effects of neonicotinoid pesticides on honey bees and wild bees
https://science.sciencemag.org/content/356/6345/1393.ful

残農薬の基準

農薬については様々な議論があります。

確かに、国によって食べるもの、量の傾向が異なるので、全世界共通の残農薬基準にはできないという意見もあります。日本では米の消費量は欧米より多いでしょうし、韓国ではキムチをよく食べるので白菜の消費量が、ドイツではジャガイモの消費量が。。。みたいなことを言い出したらキリがないです。

ただ、絶対的に正しいことは、「安全性に問題がないからといって薬品摂取を肯定するわけではない」という点です。

一方、農業に従事しておられる方にとっては、自分たちの生活・稼ぎの商品である作物を虫に食害されるのは困るため、農薬に頼らざる負えない点もまた事実です。苦労をされながらも農薬を使用しない野菜を作っている農家がいらっしゃるのも事実です。基本的に販売時の作物の値段が高く、採算が合わないためごく少数の農家に限られていると思いますが。。。

消費者自身が適切な知識をつけ、優良な農家を支援するような働きかけを個人個人が心がけない限り、現状の産業農は変わらないと思います。

そういった活動の一環として、家族の健康を思い、真に安全な取り組みをされている商品を選んでいきたいなぁとホーク🦅は思っています。

Trivia Hawk

鶏🐓とビール🍺を愛する投資家サラリーマン。 資本主義を知りすぎて菜園まで始めてしまった。

コメントを残す