You are currently viewing ニワトリから読み解く資本主義の世界

ニワトリから読み解く資本主義の世界

なに??世界を読み解くの??

ニワトリには世の中の本質がたくさん詰まっているんだよ。本質を知れば知るほど、投資にも役に立つのさ。

タマゴ🐣が先か、ニワトリ🐔が先か

断言しましょう。ニワトリであると🐓

なぜなら、彼らから、現在の世の中や資本主義の社会を見る上で大切なことをたくさん勉ぶことができるからです。

それとこれは別では。。。

私たちは、資本主義社会の”中”で暮らしています。

箱の中にいると、中身は見えるんですが、箱全体を俯瞰して見たり、一体なんの箱に入っているのかわからないものなのです。

つまり、資本主義という箱を理解するのが難しい状態で暮らしているということです。

しかしながら、ニワトリさんたちをよくよく観察することで、本質に近い気付きをもらうことができます。

ニワトリを学ぶには…Youtubeチャンネル!

では、ニワトリさんをどのようにして観察すればよいでしょうか?

一番素晴らしいのは実際に飼うことです。ホーク🦅は飼っていませんが、Instagramではたくさんの愛鶏家さんたちがいらっしゃいます😍

しかし、ちょっとハードルが高い。

であれば、Youtubeのチキンがたくさん出てくるチャンネルを登録して日々観察するのです。

ニワトリさんたちを理解するのに必要なYoutubeのチャンネルをまとめました。令和はYoutubeで勉強するのです!

ニワトリには本質が詰まっている

ニワトリの行動を観察していると、ふとした疑問が湧くことがあります。それは、ニワトリ自身から出てくることもあれば、周辺にいる人間を見ることで理解できることもあります。

そんな本質に近い気付きを、ニワトリ達はたくさん運んできてくれます。このページでは、ニワトリ達から得られた気付きをまとめていこうかと思います。

生産性の効率の追求

商品を売るための広告と宣伝

ご近所づきあいと経済協定(RCEP)の問題点

ご近所づきあいはとても大切です。

日本はアジア諸国とのご近所付き合いをしています。

2020年11月には、日本にとって初めて、アジア圏での経済協定に参加しました。

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)という経済協定なのですが、調べてみるととても疑問点の多い内容でした。

経済協定のメリット

メリットを挙げれば、日本にとってはアジア圏の輸入製品が安く手に入ることになります。

また、これは相手国にも同じことが言え、日本で製造した製品が安い値段で手に入ることになるので、日本国内の製造業のメーカーにとっては輸出額が増えることになります。

他にも、メンドウなプロセスが必要だった貿易関連の手続きが緩和され、より貿易量が増加するという点も挙げられます。

経済協定のデメリット

さきほどのメリットは諸刃の剣でもあり、輸入品が低コスト化されるということは、国内産業の競争力が落ちるということになります。ただでさえデフレで賃金が上がらないのに、そこで低価格の製品が入ってきてさらに利益が減るという構図になりかねません。

また、特に農産物に関しては、どうしても国内の農業方法では大量生産に向かず、コストが高い点がデメリットになり、安い海外産農産物の流入により更なる窮地に立たされます。

また、貿易関連手続きが緩和されることで、劣悪な製品の混入や安全性に問題のある農薬などを使用している農産物が入り込む危険性が指摘されています。

最大の問題点は「人の移動と投資」

中国の富裕層に日本の土地が買われている等と聞いたことはありませんか?

カンタンに言ってしまえば、RCEPにより、これらの投資活動がしやすくなりますし、投資の下見といった行動で日本国内に滞在できる期間が長くなることを規定しています。

読みにくい協定条文を読んでいくと、日本国内での一時的な滞在というのは5年も滞在できるそうです。もうこれ絶対隠そうとしてるでしょ。

詳細な内容は下記の記事にあります。みなさんはどう感じられますか??

真面目に勉強するなら「マルクスの資本論」

鶏などなんだのはいいから、真面目に勉強がしたいという方には、マルクスの資本論がオススメです。

え~古そうだしメンドクさ~

古い良書はいつまでも残るのです。必読です。

なんでも商品にしてしまう資本主義は、労働力すらも商品にしてしまいました。私たちは労働力を売ってお金を稼いでいます。

お金を稼ぐために一生懸命働いたとしても、労働力を売っている状態ではお金持ちになることは不可能です。

なぜなら、労働力を売れる量というのは、時間という限界があって、人間は24時間以上働くことはできません。と、いうか24時間ですら無理ですね。

売れる商品である労働力≒時間に限界がある以上、そのようなやり方では稼ぐのにも限界があるということです。

であれば、自分が働いていない間になんらかの稼ぎを生み出すシステムが必要ということに気づけると思います。

そういった考え方を資本論から導き出していくことができます。

資本主義を攻略せよ

いかがでしたでしょうか?

少し資本主義社会の仕組みを紐解くことができたのではないでしょうか?

そして、やはり行動するなら「投資」しかないということを少しでも共感して頂けたのではないでしょうか。

少しずつで構いません。幸せに向かって一歩ずつ前進していきましょう。

Trivia Hawk

鶏🐓とビール🍺を愛する投資家サラリーマン。 資本主義を知りすぎて菜園まで始めてしまった。

コメントを残す